• HOME
  • インフォメーション
  • 議会報告
  • 政策と実績
  • 活動日記
  • くさつ民報
  • こんにちは。草津市会議員団です。

    草津市議会 秘密保護法の廃止求める意見書を否決!国民の願いに背を向ける

    [2013.12.20] -[議会報告]

    草津市議会11月定例会が12月20日に閉会しました。今議会には日本共産党草津市会議員団が他会派とも調整したうえで、「秘密保護法の強行採決に強く抗議し、法の全面改定もしくは廃止を求める意見書」を提案しましたが、自民党系会派や公明党など16人が反対し否決となりました。これら否決に回った会派の責任は重大です。賛成は党議員団3人と市民派クラブの3人、合わせて6人でした。ほか棄権した議員が1人でした。

    法律が強行されたあとでも、共同通信の調査で国民の82.3%が法の廃止や修正を望んでいます。党草津市会議員団は引き続き、秘密保護法の廃止・撤廃を求めて運動の先頭に立ってがんばる決意です。